腸の消化機能を酵素で解消すると、体臭が改善できる

自分の体臭がふと気になることってありませんか?

自分がなんだか不快なにおいがする、と一度気になると、そのことで他のことがおろそかになってしまうこともあります。

ですが、酵素によって、その体臭の悩みから解放される場合もあるのです。酵素を意識した生活を送って、体臭の改善を目指してみましょう。

なぜ体臭が出るのか

肉食が主な原因

日本人も肉を普段から食べるようになっていますが、そもそも、日本人の腸は、肉を消化するには向いていないらしいです。消化しきれないカスが腸に残って、便秘にもなりやすく、腸が詰まると口臭がきつくなったり、動物性たんぱく質を多く摂りすぎると、皮脂が出やすくなり、汗の臭いもアンモニア臭くなるようです。

ホルモンバランスの乱れ

年齢を重ねると、ホルモンのバランスが乱れがちになり、体臭も変化します。いわゆる加齢臭が出てきます。男性ばかりでなく女性にも起こります。

女性ホルモンのエストロゲンは、体の抗酸化にも役立っているのですが、年を取ると、エストロゲンが減ってきます。そのことで加齢臭が出やすくなるのです。

緊張したり、イライラすると発生

ストレスが体臭の原因になると聞いたことはあるでしょうか。

緊張するとぶわっと汗が出る時がありますよね。顔に出るのは意識できますが、脇に汗をかくのを経験した方も多いのではないでしょうか。

脇の下にはアポクリン腺が集中しているので、臭いの強い汗が出やすいのです。

じっとりとして、臭いもある、「脂汗」が、緊張すると出やすくなります。

運動不足も原因になる

運動不足が体臭の原因になるなんて、考えたことがないですよね。むしろ体を動かして汗をかいた方がクサくなるのでは?

ですが、運動後の汗は、サラッとしています。

マラソンで10km走った後に出た汗はとてもすがすがしいと言われています。

その一方、ダラダラ過ごして運動せず、さらにストレスがかかった時にかいた汗には、疲労物質である乳酸が生産され、汗の中にアンモニア臭を発生させてしまうのです。

体を動かす習慣のある人の体には、筋肉が蓄えられているので、代謝がスムーズに行われていて、汗をかいてもにおいの発生する元がないので、サラサラした汗が出ます。

サラサラした汗をかく人は、全身から汗をかきます。体の一部分で汗をかくことはありませんか?

脇の下、首のまわり、背中ばかり汗をかく、そういった人は、運動不足であることが多いです。

体の部位によってちがうニオイ成分

脇の下、耳の中

この部分には、アポクリン腺が存在します。

ここからは尿素やアンモニアを含んだ汗に、皮脂腺からの皮脂や鉄分や皮膚表面にあるタンパク質が混ざり、さらに雑菌の悪影響によって分解され、においが発生します。

胃、腸、消化器系の機能低下

消化器系の機能が低下すると、インドール、スカトールという成分が発生します。

消化器系の機能低下といえば便秘です。

便秘になると、腸の中にとどまった便の成分が、血液に吸収され、それが呼気になって区口から排出されます。

つまり、口から便のにおいが出るということもあるのです。

便秘が臭気の元になってしまうのです。

肝機能・腎機能の低下

肝機能や腎機能が低下すると、尿から排出されるはずのアンモニアが、血液に流れ出てしまい、肺を通って呼気として排出されます。

口臭にアンモニアが入ってしまうということになります。

糖尿病によって出る口臭、体臭

糖尿病になると、糖を分解してエネルギーに変えることができなくなり、脂肪分を分解させることしかできなくなります。この際に発生するのがアセトンという物質で、これが悪臭の元なのです。

これまでの説明と同じように、アセトンが血液中に入り込み、呼気となって体外に排出されます。

実は、糖質制限ダイエットを続ける事でも、このアセトンの発生が起こります。

ダイエットが、糖尿病発生と同じしくみになっていることになっているのです。

酵素でできる体臭予防

体臭の原因がわかると、予防の方法も知りたいですね。

ここで酵素が働いてくれるのです。

酵素には、食べ物の消化を助ける「消化酵素」、代謝を助ける「代謝酵素」があり、消化酵素は胃腸の働きに、代謝酵素は腎機能、肝機能の働きを助けます。

酵素を補給すると、腸内環境が整い、便通がよくなって、口臭に便のにおいが混ざることはなくなります。

腎機能にも酵素による効果が発揮されます。疲れがたまった時に乳酸から出るにおいが、酵素の血液サラサラ効果によって抑えられます。

酵素は内臓が疲れたときに発生しがちなにおいに効果が出ます。ちょっと、内臓がもやもやする、疲れた感じがするという時に、酵素をサプリで体内に入れてあげると、全身のだるさに効いて、におい予防にも力を発揮します。