酵素とはそもそもどういうものなのか。ダイエット効果はあるのでしょうか?

酵素って、言葉としてはよく聞きます。食べ物にも、洗剤にも入っている酵素。

でも、その働きって、どういうものなのでしょうか。ダイエット効果は期待できるのでしょうか。酵素の働きについて、詳しく知りたい方に、わかりやすく解説します。

酵素には3種類あります

酵素は何で出来ているかご存知でしょうか。酵素はそもそもたんぱく質でできていて、微生物や、植物、動物や人など、あらゆる生き物の中に存在しています。

人の体は、代謝酵素、消化酵素の2種類の酵素を作り出し、もう1種類の酵素、食物酵素は、食べ物を摂ることで摂取しています。代謝酵素、消化酵素、食物酵素、それらの働きについて知っていきましょう。

代謝酵素はダイエットの時に活躍する

人は、毎日食事を摂ります。その中摂った栄養素の内、主に糖質と脂質をエネルギーにして生きています。ただ食べているだけで変わるわけではなく、体が活動していなければ、食べ物はエネルギーになってくれません。

体の活動というのは、生きているだけで動いている、内臓や筋肉の活動のことで、そこで働いているのが代謝酵素です。つまり代謝酵素は、臓器や筋肉に存在しているのです。

代謝酵素が働いている体は、代謝効率が良く、それだけで肥満になりにくい体になっています。

消化酵素は栄養の吸収を良くする酵素

栄養素を吸収しやすい形にするのが消化酵素の働きです。

食事の時に摂った栄養素の形は、それぞれ、たんぱく質はアミノ酸が結合し、糖質はグルコースなどが結合、脂質は脂肪酸が結合しています。結合した状態では体に栄養素を吸収できません。

消化酵素は、結合部分をハサミで切る役割をしています。その結果、それぞれ、アミノ酸、グルコース、脂肪酸という形に分解され、体に吸収されます。その消化酵素は、胃や小腸に存在して、せっせと結合を切っているのです。

外から体の中にやって来る食物酵素

代謝酵素や消化酵素は、体内で作り出された酵素ですが、食物酵素は、食事の際に摂る食物の中に含まれているものです。食物酵素の働きは、消化酵素と同じように、栄養素の結合を切ることです。

しかし、酵素の活性が高くなるのは50度前後なので、加熱調理された食物の酵素は、働く力を失っています。野菜や、お刺身など生で食物を摂った時に、食物酵素は体内に入ってきます。

酵素が不足すると体はどうなるのか

消化酵素が不足すると、栄養素を消化する能力が落ち、栄養は体内に取り込まれにくくなります。

代謝酵素が不足すると、栄養素をエネルギーに効率よく変えられず、その結果体の動きが悪くなり、疲れやすい体になります。

それに、エネルギーになっていない栄養素をため込むことになるので、その分脂肪として蓄積されます。

つまり酵素が不足した体は、

  • 栄養が摂れていない
  • 体力が低下している
  • 疲れやすい
  • 太りやすい

という、危険な状態になっている可能性があるのです。

酵素が健康維持に大切なものであることがおわかりいただけたと思います。

酵素が不足しているのはどんな状態の人か

人が体の中で作り出せる酵素の量は、一生のうち一定量に決まっていると言われています。
ですので、若者より高齢者の方が使える酵素が減っています。
そして、人の体が作り出せる酵素の量というのも決まっているようです。40代が作れる酵素の量は、20代に比べると50%で、それが60代になると、30%という量しか作れなくなるのです。

そして代謝酵素や消化酵素がうまく働いていない体は、酵素を効率よく使っておらず、さらに酵素を使わなくてはいけないので、酵素はただ減っていくばかりという体になってしまっています。

足りない分の酵素は食べ物から摂ることで補えます。

体内で作り出す酵素が減ってきた年代に差し掛かったら、食べ物から酵素をたくさん補うことが、健康で動きやすい体を保つための鍵となります。

酵素がどんどん減っていく危険な食生活とは

  • 生野菜をあまり食べず、加熱した高カロリーな食事(焼肉、揚げ物、ラーメンなど)が多い
  • 洋菓子などの甘いものが欠かせない
  • インスタント食品、ファストフードはよく食べる
  • 夜更かしの朝寝坊で、遅い時間に食事しがち

こういった食生活は、砂糖や油を摂りすぎており、体への害が懸念されます。そして摂りすぎた糖や油を分解するために酵素がどんどん使われ、減っていきます。

また、酵素や胃の働く時間帯は、正午から夕方にかけてがピークで、夜の9時以降は働きが弱まります。ですので、食事時間が遅い人は、食べ物が消化しきれずに、酵素が無駄に使われ、胃の内部にも負担をかけます。

無駄に減ってしまった酵素は、食物から補うようにしたいものです。そうすれば体内の酵素の量は増やせるのです。

酵素が含まれている食品

酵素が多く含まれている食品には野菜が挙げられます。生で食べることで酵素は効率よく体内に入ってきます。同じように果物も生で食べることが多く、酵素補給が期待できます。食事の一時間ほど前に食べると、その後食べたたんぱく質の分解に役立ちます。

野菜・果物

これらの野菜や果物に酵素は多く存在しています。
野菜=大根、キャベツ、山芋、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、トマト、きゅうり、ブロッコリー、にんにく、しょうが

果物=バナナ、リンゴ、パイナップル、キウイフルーツ、アボカド

発酵食品

発酵食品は体に良い物とされていますが、それは発酵の過程で、消化酵素などの多くの酵素が発生するからです。また、酵素だけでなく、乳酸菌も豊富で、この乳酸菌は、酵素の働きを手助けします。

最近よく聞かれる植物性乳酸菌は、胃酸による影響が少なく、腸まで働きやすいので、おすすめです。

動物性乳酸菌=牛乳、チーズ、ヨーグルト
植物性乳酸菌=納豆、漬物、ぬか漬け、キムチ、甘酒、みそ

酵素の力をさらにアップさせるものとは

食物繊維

食物繊維はコレステロールのコントロールをして、血糖値の急な上昇を抑え、糖尿病の予防や改善が期待できます。さらに、腸内環境を整えるので、酵素の働きを良くします。

抗酸化食品

活性酸素は細胞内の代謝を妨げ、エネルギーの利用を悪くします。

発酵食品にはこの活性酸素の働きを弱める効果が期待でき、さらに抗酸化作用のあるビタミン(A、C、E)多く含んだ食品を摂ることで、体の酸化を防ぎ、細胞を保護します。

細胞を守る食事はスムーズな代謝を行える体作りができ、結果として代謝がアップして、痩せやすい体に作られて行きます。

睡眠

睡眠は脳や体を休めるだけでなく、日中に使う酵素を作り出して蓄えることも行っています。酵素を使える体にするためには、深夜0時を過ぎない時間に就寝して、7時間程度は睡眠時間を確保することです。

健康は酵素から

体の酵素を上手に使い、さらに食物から酵素を摂ることで、毎日を活動的に健康に暮らすことができます。酵素の働きを意識した毎日を送ることが大切です。